ビーズがま口-かぎ針編み…sandy cake

(2014-04-07)


   ビーズがま口-sandy cake.6


   砂 砂 砂 砂 ・・・


   4月2日NHKのBSドキュメンタリー  
   『サンド・ウォーズ~広がる砂の略奪~』

   原題:Sand Wars
    制作:Rappi Productions/La Compagnie des Taxi-Brousse (フランス 2013年)


  ご覧になりました?

  見てないというあなたには

  「おもしろいョ」

  とお勧めできる一本ですョ


  ドキュメンタリーですが

  とってもエンターテインメントな仕上がりで

  これを見たあかつきには

  「砂のことを考えなくっちゃ!」

  と心踊る作品です。

  
  でもさしあたって何していいのかわかんない

  仕方がないので

  気持ちを編み物に込めて

  落ち着くことにしました

  作品名“sandy cake(砂の固まり)”

  

  ビーズがま口-sandy cake.2

  
  では ドキュメンタリーの内容を一部ご紹介  

  いま、世界中で砂の争奪戦が起きている。
  砂はケイ素、トリウム、チタンなど、ガラスやコンクリートなどの建築資材だけでなく、
  光ファイバー、携帯電話、PCなどの製造や洗剤、トイレットペーパー、食品の乾燥材など
  日用品にも欠かせない原料でもある。

  普段は意識していなくても、それがなければ生きられないという点では空気と似ている。

  水をのぞけば、砂は地球上で最も消費量の多い商品となっているが、
  地上の砂は掘りつくされ、簡単には手に入りにくくなっている。
  だが、各国で進む都市開発などによって砂の需要が高まっているため、
  昨今は海底からの採取で供給されている。

  海底から大量の砂を吸い上げられる海砂採取船は、一隻25億円~200億円するが、
  砂はタダなため、これらの船は世界中の海から可能なかぎり大量の砂を吸い上げようとしている。

  世界規模のコンクリート建設ラッシュの裏で砂の利権をむさぼるマフィアが暗躍。

  沿岸の砂の採掘によって砂浜が海中へ吸い寄せられ、美しいビーチが消滅。

  番組では、開発プロジェクトが目白押しのドバイ、
  違法に輸入した砂が多く入り込むシンガポールなどの事例を紹介。

  その一方で、砂浜の浸食によって持ち家が水没する米フロリダ、
  豊かな海が失われて困窮するインドネシアの漁村など、
  砂の争奪戦による被害者たちを取材している。

  無尽蔵に見える砂が枯渇する日は近いのか?砂の代用品が見つかる可能性は?
  環境破壊を防ぎえる方法はあるのだろうか―?


  
  ビーズがま口-sandy cake.4



   水も砂も地球の中だけでまわしてる

  宇宙から定期的に補充されるわけではないでしょうに・・・


  ガスだ砂だって世界中掘りくり返しちゃって

  人間が土や砂の大移動させちゃてるべ

  国や企業の設備投資を回収するために

  誰もがやめられない状況になってるって

  原発といっしょ

  こりゃ人災の災害は今後も規模拡大の予感


  ビーズがま口-sandy cake.5


  ドキュメンタリーの終盤にね、

  街が放棄したゴミのガラスが波に砕けて

  偶然美しい砂浜になった

  サンフランシスコのグラスビーチが出てきます。

  
  キラキラで魔法のように美しい砂浜・・・


  ガラスが砂に戻ることを証明したビーチのシーンは

  なんだか救われる思いでしたョ

  ガラスビーズの恩恵を預かる者としては

  ピースウォーク ならぬ

  ピースクロッシェやらなきゃいけない気になる

  ドキュメンタリーでした


  ビーズがま口-sandy cake

  
  お越しくださりありがとうございました

  すっかり春の陽気で

  外は芽吹きの匂いがします

  あっちでもこっちでも花が咲き始めて

  浮かれて庭に出る時間が多くなりました。

  よい週末をお過ごしでしたか?

  我が家は娘たちの新学期が始まり

  日中がやっと静かになりましたョ

  それでは 今週も日常を楽しみましょうネ

  またお会いしましょう






   いつもありがとうございます
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズクロッシェへ
        にほんブログ村


  
  
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

tabbyjiro

Author:tabbyjiro
旅ジロー工房へようこそ!
かぎ針、棒針、輪針を使ったビーズ編みの小物を制作しています。

ビーズ編みはビーズを糸に通す段階で無心になれるところが好きです。

ビーズ編みをしていると
いろいろな思いが浮かんできますが、
もくもくと編むうちに、
さまざまな思いは、
雲のように流れていきます。
座禅に似ているのかな(・・?

右目を失明し、人生の半分以上を左目生活中。
老眼早期到来で、細かい作業がいつまでできるかわからないので、編んでみたいものは即編んでみるようにしています。
なので失敗作も多数登場いたしますョ

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
いらっしゃいませ
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリエイティブライフ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
過去作品
ビーズ編みバッグ、カバー
参考図書
よろしければお気持ちくださいませ
(↓そこ行くお方 押してくだされ)