内面世界の旅に役立つ本

(2017-10-17)

旅ジロー工房は、ビーズ編みで自己の内面世界を旅する工房です。

工房主のtabbyjiroは21歳の時に交通事故で前頭葉を強打し、右目を失明しました。

もうすぐ二十歳を迎える子の母親でもありますが、最近は年齢と共に衝動的行動が増えてきたことに愕然としています。

これは、右眼からの視覚情報が理性をつかさどる左脳に届いていないせいなのでしょうか?

その状態はどう行動に影響を及ぼしているのでしょうか?

それが全てではないのでしょうが、身体と思考の関係を探ってみたくて、久々に分厚い本を手に取ってみましたよ。

『身体はトラウマを記録する』




字が細かいため、長時間読んでいると、眼球筋が筋肉痛を起こすのですが、それくらい面白くて先を読み進めたくなる本です。

トラウマサバイバーにはバイブルとなりそうな予感がしています。




咀嚼して噛み砕いて内容をお伝えできれば良いのですが、語彙不足につき、またそのうちに




お越し下さりありがとうございました😊




10/10のツイートまとめ

(2017-10-11)
tabbyjiro

RT @ashitanodoga: 職人すげーーー!!!!wwww https://t.co/Il1L4ii1on
10-10 08:41



10/04のツイートまとめ

(2017-10-05)
tabbyjiro

RT @to3tai: 液タブのキーボード位置の問題やっと解決した https://t.co/BzMakZZzY9
10-04 15:00



10/02のツイートまとめ

(2017-10-03)
tabbyjiro

RT @jirosan77: じろうさんの尻尾で遊ぶみかん🍊 https://t.co/NMDmbTPhWc
10-02 21:09



09/27のツイートまとめ

(2017-09-28)
tabbyjiro

@raybeads え、それは大変!(><)先日、無理させちゃったかも‥お大事にしてくださいね。
09-27 19:09



プロフィール

tabbyjiro

Author:tabbyjiro
旅ジロー工房へようこそ!
クロッシェ、ニットのビーズ編み小物を制作しています。

ビーズ編みは無心になれるところが好きです。

編んでいると
いろいろな思いが浮かんできますが、
もくもくと編むうちに、
それらは雲のように流れていきます。
座禅に似ているのかな(・・?

右目を失明し、人生の半分以上を左目で生活しています。
老眼が到来して、細かい作業が苦手になってきました。
編める喜びをかみしめながら、編んでみたいものは即編んでみるようにしています。

編んでみなければわからない!
失敗作も多数登場いたしますョ(^▽^;)

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
いらっしゃいませ
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリエイティブライフ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
過去作品
ビーズ編みバッグ、カバー
参考図書
よろしければお気持ちくださいませ
(↓そこ行くお方 押してくだされ)